こんにちは、エクセルブートキャンプの中本です。

売上を示す表などでよく目にする、単価×数量=金額といった行がいくつもに渡って並んでいる時、通常であれば、一行ずつ金額を出していって、それを最後の行で合計するといった方法をとります。

その合計を一発で出せる関数が実はありまして、それはSUMPRODUCT関数といいます。SUM関数は合計する関数、PRODUCT関数は掛け算する関数です。それらが合わさってSUMPRODUCT関数というものになります。

SUMPRODUCT関数は引数に配列を取ります。

詳しくは、下の動画で説明しているので、ぜひご覧ください。

チャンネル登録はこちら↓↓

この記事と合わせて読みたい関連記事↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.