こんにちは、エクセルブートキャンプの中本です。

COUNT関数は、対象範囲の数値の個数を数え、COUNTA関数は、データの個数を数えますが、少し視点を変えて、「空白ではない」ってどのように表現するかご存知ですか?

「空白ではない」=「何かデータがある」という意味なので、それをどう表現するかが鍵となります。

何かデータがあるという意味は、「”<>“」で表現します。これでCOUNTIF関数の検索条件にしてあげると、空白以外のセルの数を返してくれます。

下の動画でも、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

チャンネル登録はこちら↓↓

この記事と合わせて読みたい関連記事↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.