こんにちは、エクセルブートキャンプの中本です。

この動画では、質問フォームの種類と使い方について説明していきます。
ぜひ、最後までご視聴下さい。

Googleフォームでは、多くの質問を回答者が答えやすいように、
様々な種類の質問形式を選択することができます。

回答者にとって回答しやすいような質問を心がけましょう。

それぞれの質問フォームの特徴をご説明していきます。

「記述式」では、一言で回答者が回答できるような内容が適切です。
回答者によって答えが変わるタイプの質問に適しています。

ただし、回答者は「入力」というめんどくさい作業をしなければならないので、
多用すると十分な回答は得られにくいです。

「段落」では、回答者は入力中に改行することができます。
一つ前の「記述式」では、改行ができませんでした。
回答者が改行できることに気づかない場合もあります。
どこかに入力のヒントを記載しておくと回答者も気づきやすいと思います。
ただし、アンケートに不要な情報を載せることにもなります。

「ラジオボタン」では、
その質問に対して、回答者は一つしか回答することができません。
どれか一つを選択させるときに有効です。

オプションを見てみると、
「回答に応じてセクションに移動」とあります。

これは、回答者が選んだ選択肢によって、
次に移動するセクションを選ぶことができます。

回答者の回答によって、質問内容を変えることができるので、
回答者に最適化されたアンケートを設計することができます。

また、選択肢の順序をランダムに並び替えることができます。

「チェックボックス」では、
その質問に対して、複数の回答にチェックを入れることができます。
複数回答可能な質問に適しています。

「プルダウン」では、
選択候補をプルダウンメニューから回答者は選ぶことができます。

選択候補が画面からはみ出るほど多い場合、
回答者が見なければならない範囲が上下に広がってしまいます。

複数の選択行をひとまとめにできるので、
回答者は、自分の居場所を見失わず、
回答に集中できます。

「ファイルのアップロード先」では、
回答者がファイルを送信できるようになります。
回答者にファイルの提出を求める時、とても役立ちます。
アップロードされたデータは、Googleドライブに保存されます。

「均等目盛」では、
最大10段階で、回答内容の度合いを測るために使用します。
例えば、アンケートでよくある
「大変ためになった」「全くためにならなかった」など、
回答の度合いを測ることができます。

「選択式(グリッド)」では、
複数の質問に対して、
同様の基準を設定して度合いを測ることができます。

同じ選択肢の内容で、
質問が複数ある場合は、一つ一つ作るよりも簡単に作成でき、
管理がしやすくなります。

「チェックボックス(グリッド)」では、
複数の質問に対して、
同様の基準を設定して度合いを測ることができます。

「日付」では、
回答者に日付を入力させることができます。
回答時にはカレンダーが表示され、
選択することで入力できます。

「時刻」では、
回答者に時刻を入力させることができます。

アンケートフォームを作成するときは、回答者が迷わないように、
そして、回答者から正しい回答を導き出すように設計しなければなりません。

そのためにも適切な質問フォームを利用しましょう。

さて、この動画では、
Googleフォームでの質問フォームの種類と使い方について学習しました。

次の動画では、回答者が回答した時に、
質問者に通知を送信する設定を行っていきたいと思います。

チャンネル登録はこちら↓↓

この記事と合わせて読みたい関連記事↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.