こんにちは、エクセルブートキャンプの中本です。

この動画では、
Googleフォームのテスト機能とその使い方について説明していきます。
ぜひ、最後までご視聴下さい。

例えば、確認テストや項目チェックなど、
テストしてその結果を集計する機能があり

Googleフォームではこれに特化した
「テスト」という機能がついています。

まず、新規フォームを作成します。

タイトルは、「達成度チェックテスト」としておきます。
サブタイトルには、「このテストで達成度をチェックしましょう」
としておきます。

まず、テスト機能を有効にするために、
右上のギアマークの「設定」を選択します。

そして、タブの「テスト」を選択します。

「テストにする」を選択して、有効にします。
テストのオプションでは、
成績の表示は、「送信直後」にするか「確認後に手動で表示」する
となります。

この場合は、回答者はフォームの中で、
必ずメールアドレスを入力する必要があり、
テスト結果を回答者に送信してくれます。

今回はこのまま、送信直後に設定しておきます。

そして、回答者が表示できる項目は、
それぞれのテストに関して、どこまで表示するかを設定しておきます。

設定ができたら、「保存」を押します。

質問一つ一つが、「問題」と「答え」になりました。

まず質問を入力していきましょう。
「Googleのアプリのなかで、Excelとよく似たアプリは次のうちどれ?」
として、回答の候補を入力します。

次に、質問の答えを選択します。「回答集を作成」を選択して、
回答にチェックをつけます。

そして、これによる加点をつけます。

「回答によるフィードバックを追加」では、
正解・不正解の時にフィードバックを設定し、追加することができます。

質問に戻ると、正解に緑のチェックマークが表示されています。

もう一つ追加してみます。

今度は、「Word」に変更して、解答も修正して、完了です。

今、2問追加しました。これが実際どのように表示されるか
見てみましょう。

右上の「プレビュー」を選択して、
このURLをGoogleアカウントでログインしていない
ブラウザで開いてみます。

実際に回答を入力して、「送信」を押します。
画面が切り替わり、「スコア」を見ると表示されているので、
選択してみると、

問題と自分の解答、正しい解答、得点を確認することができました。

もし、テスト機能の設定で、「確認後に手動で表示」を設定すれば、
質問の先頭にメールアドレスの入力が必要となり、

回答者が、回答を終えてもすぐにはスコアは表示されません。
回答者にももちろんメールは届きません。

フォームの「回答」で、個別の回答を見れば、
「スコアをリリース」とあるので、選択すると、
通知確認画面がでてくるので、「メールでスコアを通知」
を選択します。

すると、回答者にメールが送信され、
回答者は、自分のスコアと正解した問題、間違った問題を
確認することができるようになります。

もちろん、これらの回答もスプレッドシートで集計することができるので、
一斉にテストしたり、同じテストを使いまわすこともできますし、
とても便利な機能です。

こうしたフォームはとても汎用性が高いので、
様々な用途に使えそうです。

さて、この動画では、
Googleフォームのテスト機能とその使い方
について説明していきました。

次の動画では、
Googleフォームの隠れた機能について説明していきます。

チャンネル登録はこちら↓↓

この記事と合わせて読みたい関連記事↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.