メニュータブとリボン

基礎編(初心者向け)


エクセルのメニュータブとリボンについて解説していきます。

まず、エクセルには画面上部に、アイコンなどでエクセルの機能をわかりやすく表示しているものがあります。これを「リボン」と呼びます。

さらに、その上にメニュータブがあり、カテゴリーに合わせていくつかのメニューに分かれます。

各タブをクリックすると、そこに含まれる機能がリボンに表示されます。

使っているパソコンの画面の解像度により、すべてが表示されていない場合がありますので、リボンに表示されているアイコンをクリックして更に内容を確認することができます。

メニュータブの種類

ホーム エクセルで最も利用頻度の高い機能が特に集まっているタブです。
挿入 オブジェクトや画像、グラフなどをシートに追加したい時に利用するタブです。
ページレイアウト 印刷に関する設定や、セルの枠線の表示・非表示などの設定を行うことができるタブです。
数式 エクセルで利用できる数式や、定義された名前管理などを行うことができるタブです。
データ その他のデータソースとの接続や、フィルター、区切り位置、入力規則などお設定が行えるタブです。
校閲 セルへのコメントやメモ、シートやブックの保護に関する設定が行えるタブです。
表示 改ページプレビューや新しいウィンドウを開いたり、ウィンドウに関する設定を行えるタブです。
ヘルプ エクセルに関するヘルプを表示したり、トレーニング用の資料を確認することができるタブです。
開発 Visual Basicやマクロ、アドインなどを管理することができるタブです。

 

Copyright© Excel Boot Camp , 2023 All Rights Reserved.